「ヒューマンネイチュア」は、黄金組、ミシェル・ゴンドリー/チャーリー・カウフマン/ティム・ロビンス

ヒューマンネイチュア=天然人間、人間の本来の自然的欲求と訳せばいいのかな
画像

人は、本来もっている起源的なことって なんでしょう。?
画像


ビルや住居に棲み、電気で灯りや冷蔵庫や通信ができ、水がコックを回せばいつでも出てきて、
自動車や自転車、バス、電車で、あ、そうそう飛ぶことだってできる移動、
便利を享受している現代人は、そのかわり、ルールを守らないといけない。
法律(刑法、民事法、道交法、医療法、特定機密保護法)だけではなく、
礼儀、作法、道徳、倫理、禁欲的宗教等のルールを守らないといけない。
まあ、がんじがらみの中で、現在人はいきている。
ガンジガラミって感じ無いのは、洗脳されているからなんですけどね。
画像

画像

画像

で、本来の自然的な生活や欲求やルールで考えていくと
凄く哲学的になる。今の組み込まれたしまった知識や根本の価値観の纏をちょっと脱がないと、分からない
だから、きっと理解を超えてしまうので、この映画をスルーしてしまう。

そこでチャーリー・カウフマンは
喜劇的な、しかも性的欲求を狭めて、彼は論じている。
画像


人は、誰でも愛されたい。
言葉を覚え、文明が進み、知識が増え、ルールだらけの世の中、金でほとんどのものが手に入る社会。
画像

画像

でも、人の起源的欲求は、愛されたい、きっとそれが、天然人間の欲求だよと最後まで唯一言っている。
画像





ヒューマン・ネーチャーで検索すると違うところ行きますので、気をつけてください。
画像

画像


ヒューマンネイチュアHuman Nature


ストーリー

自分を類人猿だと思い込んでいる男と、
類人猿にもどったような毛深い女、
そしてネズミにテーブルマナーを教えようとする博士、
アメリカ人なのにフランス人のように装う女たちが繰り広げる、まあ喜劇でしょ
『マルコヴィッチの穴』で奇想天外な物語を作り上げたチャーリー・カウフマンとスパイク・ジョーンズのコンビが放つ二作目。今回スパイク・ジョーンズは製作にまわり、監督にはビョークやホワイト・ストライプスのPVなどを手がけるMTV界の新鋭ミシェル・ゴンドリーが抜擢された。
画像


キャスト

ライラ= パトリシア・アークエット
パフ= リス・エヴァンス
ネイサン= ティム・ロビンス(ショーシャンクの空に)
ガブリエル= ミランダ・オットー
ネイサンの母= メアリー・ケイ・プレイス
ネイサンの父= ロバート・フォスター

スタッフ

監督 ミシェル・ゴンドリー(エターナル・サンシャインでカウフマンと組んでいます)

脚本 チャーリー・カウフマン (マルコビッチの穴・アダプテーション ・ コンフェッション・
エターナル・サンシャイン ・脳内ニューヨーク)※びっくりしてんですが、
とうとう 偶然ですが、全作品みんな見たことになります。

製作 スパイク・ジョーンズ・アンソニー・ブレグマン/テッド・ホープ/チャーリー・カウフマン
配給 アスミック・エース
公開 2002年4月12日日本2002年3月9日
上映時間 96分
製作国 アメリカ合衆国 フランス
言語 英語
製作費 $6,000,000
興行収入 $695,876 (USA)










★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
京阪神(関西)地域オープン(予定)、キャンペーン告知、イベント告知ニュースサイト
「京阪神プ・ガ・ジャ」http://pubnews.at.webry.info/
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
画像
   
オープン(予定)、キャンペーン告知、イベント告知
    京阪神(関西)地域   
     ニュースサイト
      無料告知
    京阪神プ・ガ・ジャ
 
 お申し込みはこちらから
http://a-ad.bbs.fc2.com/



ただいま、関西在住のボランティア記者を求めています。もちろん出勤は、ありません。
思想信条はあってもかまいません。映画のこと、音楽、芝居、本であっても
関西に関係していれば、OK、思い切りローカルでもOKです
応募は、簡単プロフィールと記事を書いて
aaa@a-ad.net に記者応募を件名に入れてお送りください。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


PR_____

全国の都道府県の広告なら、おまかせください!
新聞・テレビ・フリーペーパー・求人・チラシ広告のリスト・料金一覧が載っています。
もちろんご相談無料です。
良い広告、効果のある広告の種類をアドバイスいたします。
大阪・広告代理店ア・アド・エージェンシー
TEL06-6881-0456 mail aaa@a-ad.net URL http://a-ad.net

画像


画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック