「少年と自転車」

画像

0歳~3歳の時って、絶対に親に引っ付こう、愛してもらおうと、唯ひたすらなんですね。
そんな、当たり前なことを知るのに
合計45万円と3泊5日を3回やって、合点しました。
理解じゃなく、判ったというんじゃなく

11歳の少年には、初めっから、母はいない、父だけで一人っ子。
そんな環境で父に捨てられたら、疑うことなく父を必死に探す。

映画の半分以上、父を探すため、見つけるための眼差しのシリルが、
ホントに痛い。

そんなシリルの気持ちを打開させる方法はあるんだろうか?

少年と自転車
Le gamin au vélo

ストーリー
施設に預けられている11歳の少年シリルは、たった一人の肉親である父親に捨てられ、大事にしていた自転車も売られていた。それでも、きっと何かの事情でそうなった、父には僕が必要だと、少年にとってもたった一人の父が頼りだった。脱走しては父を探すシリル。
そんなシリルと偶然知り合った美容師の独身女性サマンサに、脱走しないでもできる方法、週末の里親になって欲しいと頼まれる。
サマンサは、養子にした週一の。シリルの父親の行方探しも手伝う。
画像

ようやく父ギイと再会できたシリルだったが、父は
「自分の生活で手一杯だから、二度と会いに来るな」
とシリルを追い返す。激しい絶望感と世の中に不信感をそして、心が傷ついたシリル、

でもある不良の少年と知り合う...........。

画像

画像

画像

キャスト

シリル・カトゥル(少年)= トマ・ドレ
サマンサ・プッチオ(中年独身美容師)=セシル・ドゥ・フランス

スタッフ

監督・脚本・製作 ダルデンヌ兄弟
ジャン=ピエール・ダルデンヌ
ジャン=リュック・ダルデンヌ

公開 2011年5月18日日本2012年3月31日
上映時間 87分
製作国 ベルギー( フランス・ イタリア )
言語 フランス語

第64回カンヌ国際映画祭(2011年)※審査員特別グランプリを受賞※5作品連続

2003年に日本で開催された
少年犯罪のシンポジウムの中、育児放棄の実話から着想を得た作品。

ダルデンヌ兄弟作品(日本公開)

イゴールの約束(1996)
ロゼッタ (1999)
息子のまなざし (2002)
ある子供 (2005)
ロルナの祈り (2008)
少年と自転車 (2011)


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
カテゴリーは、右側にありますが、もう少し細かいカテゴリーを見たい場合、
1度カテゴリーのどこでもクリックしたら、もっと細かいカテゴリーが見れます。

----------------------------------------------------------
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「関西ニュース」(オープン予定、キャンペーン、イベントニュース)http://pubnews.at.webry.info/
画像


関西(京阪神地区大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・三重県)の
オープン、キャンペーン、イベント・お得情報を無料で告知する
関西パブリシティニュースサイト「関西ニュース」http://pubnews.at.webry.info/
 ※元京阪神プガジャ



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
お申し込みはこちら≪掲示板≫から
http://a-ad.bbs.fc2.com/
---------------------------------------
ただいま関西地区記者募集中(ボランティア)です.
お申し込みはaaa@a-ad.net または 06-6681-0456 ア・アド・エージェンシー内[関西ニュース編集部]
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


全国の都道府県の広告なら、おまかせください!
新聞・テレビ・ラジオ・フリーペーパー・求人など
料金一覧が載っています。
もちろんご相談無料です。
良い広告、効果のある広告の
種類をアドバイスいたします。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
大阪・広告代理店ア・アド・エージェンシー
TEL06-6881-0456 mail aaa@a-ad.net URL http://a-ad.net

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック