震える舌

書きたかったんですが、後がつかえているので、
捨て難いので記録に残したいと思い、軽くさわりですが、重い映画です。
怖くて怖くて何度も一時停止をして、
コーヒーを飲んで100均菓子を一気に一袋食べ切ってを2度・3度。

このタイトル なんだかエロっぽいなと思いました。
野村芳太郎監督としたら、エロじゃない、何か別の舌が出るんだ。
十朱幸代主演だとまずセックスシーンはない、十朱久雄さんが父だからと
ボクは思いこんでいる。
同じダブル主役渡瀬恒彦が出ていてもアクションじゃないことは分かる。

ストーリー『震える舌』


マンションの近くで泥んこ遊びをしていた女の子・昌子ちゃんが、
古い釘で手にちょこっとケガをした。
よくあるケガだと思い自宅で赤チン消毒などをしたが、
数日後に歩き方がおかしいことに気づいた父昭と母邦江が心配して、
近くの病院に連れていくが、
「大したことはない」と診断され、
やがて昌子ちゃんは痙攣を起こし、自身の舌を噛み切って苦しみ始めた。
大学病院での検査の結果、昌子ちゃんは破傷風だと判明し、
隔離された病室に入院することになった。
破傷風菌は人間の中枢神経を毒素で侵し、
潜伏期を経て発症した患者の生還率は極めて低い難病をもたらす。
昭、邦江は自責の念に錯乱状態となっていく。
ちょっとした光や入院患者たちの笑い声などでも痛がるし、痙攣などの発作が起こす、
防音に真っ暗な部屋で昌子ちゃんを献身的に世話をする昭と邦江は、
痛がるとブザーを押してしかできない。
暗がりの中、精神的に二人は追い込まれるていく。


セリフ「震える舌」
昭(渡瀬恒彦)「妙だな 人間のくらしって はかないよ」
震える舌2人.jpg
一度家に帰る邦江に
昭「おい 昌子に会って行かなくていいのか」
邦江 (十朱幸代)「会いたい 怖い 入れない」

ホラーより怖い映画です。子を持っていれば.....
震える舌七五三.jpg

キャスト『震える舌』


三好昭 - 渡瀬恒彦 1944年7月28日~2017年3月14日(胆嚢癌72歳没)

三好邦江 - 十朱幸代
三好昌子 - 若命真裕子
能勢(昌子の主治医) - 中野良子
小児科医長 - 宇野重吉
昭の母 - 北林谷栄
山岸 - 蟹江敬三
山岸の妻 - 日色ともゑ
貞恵 - 中原早苗

スタッフ『震える舌』


監督:野村芳太郎
2005年4月8日肺炎(85歳没)『張込』『砂の器』『八甲田山』『八つ墓村』『事件』『鬼畜』
製作:野村芳太郎、織田明
脚本:井手雅人
原作:三木卓(自分の娘が実際に破傷風に罹った事がモチーフ)
撮影:川又昂
美術:森田郷平
照明:小林松太郎
音楽:芥川也寸志
テーマ音楽:バッハ「無伴奏チェロ組曲第1番 ト長調」 チェロ演奏:藤原真理
ロボット製作:水野俊一
協力:聖路加国際病院
配給:松竹 114分
公開:1980年11月22日
2011年11月23日にDVD版がリリース
2014年BD化
予告編
https://youtu.be/zaqEN6JjFa4
バッハ「無伴奏チェロ組曲第1番 ト長調」
https://youtu.be/QsG-QP4IPOQ




にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
カテゴリーは、右側にありますが、もう少し細かいカテゴリーを見たい場合、
1度カテゴリーのどこでもクリックしたら、もっと細かいカテゴリーが見れます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

大阪広告代理店のひとりごとⅡのブログトップページへ
http://aada.at.webry.info

「A関西ニュース」関西パブリシティニュースサイト
http://pubnews.at.webry.info/

大阪ワンコインランチと食パン・カレーのブログ
https://onecoin.at.webry.info/


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
全国の都道府県の広告なら、株式会社メディアバルーン大阪営業所
テレビ・ラジオなど
広告のリスト・料金一覧
が載っています。
もちろんご相談無料です。最適な媒体も無料でご紹介します。
良い広告、効果のある広告をアドバイスいたします。

大阪・広告代理店メディアバルーン
TEL06-6881-0456  e- mail  aaa@a-ad.net   URL http://a-ad.net

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック