「エレファント」※「エレファントマン」と勘違いしないでね

2021年12月19日をもってツタヤ大阪京橋が閉店になりました。
旧作10本2週間1100円というおいしいセットがなくなりました。
12月になったらこのセットが1週間に短くなりました。
10本を1週間って 脳が混乱しました。
1日3本観て3日と一本。あと残りをピックアップしてさらにセリフ拾いと動画と写真でいい所を
しかも結果が分かるシーンを撮らない。でブログを1本書く。
観たもの(※10分で停止した映画は除く)※順不同

○「マザーレス ブルックリン」・・エドワード・ノートン監督主演(探偵もの)
○「ラストデイ」・・ガス・ヴァン・サント監督(歌手の自殺もの)
○「永遠の僕たち」・・ガス・ヴァン・サント監督 前に観ていた。サント監督が創ったとして観た
  ミア・ワシコウスカと(特攻隊員の幽霊で加瀬亮)
○「誘う女」・・ガス・ヴァン・サント監督(ニコール・キッドマン主演、実話)

○「エレファント」・・ガス・ヴァン・サント監督(コロラド州高校生大量射殺事件、実話)
 孤りではしねないので、人殺しして死刑かその場で死ぬハヤリなんでしょう。
先駆的映画です。

○「ドラッグストア・カウボーイ」・・ガス・ヴァン・サント監督(マット・ディロン好演)
○「マニフェストⅠ-1~8」・・(TVドラマ飛行機搭乗者191人がたった5年半の
  浦島太郎的に歳をとらずにに帰ってきたら...)1日で観ました。
○「インビテーション」・・招待された人を殺ろしていく
○「泥棒役者」・・ 西田征史監督脚本丸山 隆平( 関ジャニ∞)主演、市村 正親 2人とも好演
○「震える舌」・・野村芳太郎監督( 渡瀬恒彦; ‎十朱幸代主演。ホラーより怖い映画)
○「月と雷」・・主人公父の愛人で転々と生きる草刈民代がいい演技してました。
○「聖なる鹿殺し」・・ニコール・キッドマンがベッドで仰向けに
  全身麻酔の格好をするシーンにゾクぞく。
○「任侠学園」・・西島秀俊 × 西田敏行 W主演「ドラゴン桜」「東大一直線」に匹敵!
○「デンマークの息子たち」・・右翼化するデンマーク
○「アンノウンソルジャー」・・フィンランド制作ソ連との戦い戦争巨編
○「ルビー・スパークス」・・ポール・ダノが出ているから

でまず1本目

「エレファント」

『エレファント』(Elephant)は、ガス・ヴァン・サント監督、ジョン・ロビンソン主演、
2003年制作のアメリカ映画である。



ストーリー

1999年4月20日にコロラド州で起きた、コロンバイン高校銃乱射事件をテーマにしている。
13名死亡、重軽症者24人、犯人の2人の高校生は自殺。

※マイケル・ムーア監督のドキュメンタリー映画
『ボウリング・フォー・コロンバイン』も同事件をテーマ。
2002年のカンヌで55周年特別賞を受賞した。


プロの役者は3人、しかも“大人”のみである。生徒はすべて、実際の高校生3000人からオーディションで選ばれた。
セリフや役どころに彼らの実際の体験や生活を盛り込んであり、役名も彼らの本名である。
また台詞はあらかじめ用意した台本に沿うのではなく、現場で作り上げられた。

学校に送ってくれた父がいつものように酒に酔っていることに気がつき、
兄に迎えに来るよう電話するジョン。

公園を散歩するパンキッシュなカップルを
撮影する写真部員・イーライ。

体育の時間に短いパンツを履くように言われていたのに
長いのはいてきた女子生徒を注意される。名前不詳

噂話や母親への愚痴に花を咲かせる3人娘。

ベートーヴェンの『ピアノソナタ第14番』を弾くいじめられっ子のアレックス。

アレックスの友達、銃殺ゲームオタクのエリック。

その日もいつも通りの平凡な一日のように思われた。
エレファントブスの象徴.jpg

エレファント交差する3人.jpg

突然アレックスとエリックは大量の銃器を持って学校に入る。
校長や生徒を次々に銃殺していった。

セリフ

性差別のグループディスカッションで
ホモはどうして分かるかを先生が尋ねる
生徒たちは色々という。
1人は
『分からないと思うな。心の中は誰も分からないでしょ。でも虹色のブレスしていたら,アレはバレルよな』

キャスト

役名(役)=俳優

アレックス(エリゼのためにを弾く、犯人) =アレックス・フロスト
エレファントアレックス.jpg
エリック(銃殺ゲーム男、犯人)= エリック・デューレン
ジョン・マクファーランド(黄色いTシャツ)=ジョン・ロビンソン
イーライ (写真好き)=イライアス・マッコネル



スタッフエレファントElephant

監督 ガス・ヴァン・サント
脚本 ガス・ヴァン・サント
○「GERRY ジェリー」※これで好きではないけど注目した映画です○「追憶の森」
○「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」○「ラストデイ」○「永遠の僕たち」○「誘う女」
製作 ダニー・ウルフ
製作総指揮 ダイアン・キートン他
撮影 ハリス・サヴィデス
編集 ガス・ヴァン・サント

公開 アメリカ 2003年10月24日
日本  2004年3月27日
上映時間  81分 R-15指定
製作国 アメリカ
言語 英語(日本語吹き替えあり)
製作費 $3,000,000
興行収入 $11,227,336
2003年の第56回カンヌ国際映画祭で、最高賞のパルム・ドールと監督賞を同時受賞。


わたくしの編集の予告編


タイトルの由来

アラン・クラークが1989年にイギリスBBCのために製作し、北アイルランド紛争を描いた同名の映画「エレファント」からタイトルを取った。
18人の殺人を状況もセリフもない淡々とフォローショット※歩く姿をカメラが後方から追いかけるで描く。
「(北アイルランドに暮らすということは)象と同じ部屋に暮らすようなものだ」
“Elephant in the room”という慣用句に基づいたもので、
「誰の目にも明らかな大きな問題があるにもかかわらず、それについて誰も語ろうとせずに避けて日常を過ごす」の引用である。
「群盲象を評す」ということわざもあり、「論ずる対象が同じであっても、その印象も評価も人それぞれに異なる」という意味。
予告動画は削られいました。

カンヌ国際映画祭の会見においてヴァン・サントは、
アメリカ共和党の銃規制の方針などと、その党シンボルである象を掛け合わせて、
スタッフが題名を考えていたとの逸話も語った。


「エレファント」は「エレファントマン」と勘違いしてずうっと借りなかった。
あれはあれは苦しい映画でしたから。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
カテゴリーは、右側にありますが、もう少し細かいカテゴリーを見たい場合、
1度カテゴリーのどこでもクリックしたら、もっと細かいカテゴリーが見れます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

大阪広告代理店のひとりごとⅡのブログトップページへ
http://aada.at.webry.info

「A関西ニュース」関西パブリシティニュースサイト
http://pubnews.at.webry.info/

大阪ワンコインランチと食パン・カレーのブログ
https://onecoin.at.webry.info/

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
全国の都道府県の広告なら、株式会社メディアバルーン大阪営業所
テレビ・ラジオなど
広告のリスト・料金一覧
が載っています。
もちろんご相談無料です。最適な媒体も無料でご紹介します。
良い広告、効果のある広告をアドバイスいたします。

大阪・広告代理店メディアバルーン
TEL06-6881-0456  e- mail  aaa@a-ad.net   URL http://a-ad.net

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

"「エレファント」※「エレファントマン」と勘違いしないでね" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント